自賠責保険料値上げ!
自動車損害賠償責任保険審議会(金融庁長官の諮問機関)は17日、会合を開き、自動車所有者に加入を義務付けている自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料について、4月から契約者負担額を引き上げることを決めた。保険料を一部肩代わりする国の交付金削減に伴う措置で、値上げは3年連続。一般的な2年契約の自家用車の場合、負担額は現行比150円増の3万0830円(沖縄県・離島を除く)となる。 (時事通信)

 国の交付金削減・・・・削るところは他にあるでしょうに!!!

自動車損害賠償保険、通称「自賠責保険」は車検を受けるため義務付けられている保険です。人身事故の場合に支払われる保険ですが、治療の場合・死亡の場合それぞれに限度額があります。この不足分を補うのが任意の自動車保険です。
 通常は自分の任意保険の対人賠償保険(自分が加害者の場合)、相手の任意保険の対人賠償保険(自分が被害者の場合)で一括で処理してもらえます。がしかし、自分が加害者にも係わらず怪我をしてる場合、あるいは相手が任意保険に加入していない場合などご自身で自賠責に請求しなければいけないのですが、これが複雑で非常に時間が掛かってしまいます。これを任意保険で支払えるよう取り入れたものが、数年前から出来た人身傷害保険です。まだまだ加入率は低いのですが必要な保険だと考えます。
 それでも自分で請求しなければならない事態は考えられますので、自賠責もただ修理工場での加入するのではなく、自賠責の請求も手伝ってくれる知識を持った代理店での加入をお勧めします。
なかなかこの請求を親身になって、またスムーズに出来る代理店さんはいませんのでしっかり見極めてくださいね。
Date: 2007/01/18(木)


三大疾病特約
 契約者ががんや急性心筋梗塞(こうそく)、脳卒中にかかった場合に保険金を支払う「三大疾病特約」で、保険金の未払いがあることが分かった。第一生命保険で約500件の未払いが判明。他の生保も「調査中」としており、今後、他社にも広がる可能性がある。多くは契約者の請求漏れが直接の原因だが、大量の未払いは生保側による顧客への情報周知が不十分な現状を示してもいる。

 第一生命は保険金請求の来ていない契約で不適切な取り扱いがないかを調べ、同特約を支払える可能性のある契約が過去5年間で約1800件あったという。このうち約1400件を精査し、約500件を未払いと判断。対象顧客に通知し、これまでに229件分の支払いを終えた。(NIKKEI NET1月17日07:02)

う〜〜ん!!加入時の募集人が辞めたにしてもお粗末ですな。他社、損保系もこれから出てくるでしょう。それにしても生保の社員さん・営業職員さん・代理店さんは入院給付金の請求があったとき、他に支払えるものはないのか確認しないんだろうか???それぞれお客様に対し自分の会社のお客様は、自分の家族と同じという意識を持っていただきたい。それが出来れば、こんな件数にはならないはずです。一件に付き300万円から1000万円までの大きな保険金です。不運にも病気に掛かってしまったときに本当に助かる特約です。もう少し配慮という言葉を各社肝に銘じなければいけないでしょうね。

 ただ最近は保険会社の社員だけではなく、多くの人が目の前にあることでしか判断及び仕事が出来なくなっている。机上の紙の裏側にある重要なことがまるで見えないんです。「Love is Blind]
なら笑って済まされることもあるんですが・・・・・。
ご契約者の皆さんも研究していただき、また何でも相談できる保険代理店等をお探しください。商品の形こそ見えませんが「保険」は立派な財産です!!!!
Date: 2007/01/17(水)


自動車保険
 東京海上日動火災保険は2008年2月に自動車保険の新商品を投入することを決めた。補償内容が複雑化してきたことが保険金不払いの原因になったとして、主契約に補償を追加する「特約」を大幅に絞り込んで分かりやすくするという。

 商品内容の簡素化は、会社全体で進めている業務改革の一環。これまで新商品を出す場合は補償内容を広げることが多かったが、今回は顧客のニーズが少なかったり、支払額の算定で顧客ともめやすい特約を統廃合してシンプルにする。(日経)

東海日動に限らず 支払いの担当部署の社員も分からない特約など有っていいんだろうか???各社立派な会社であろうに、たった一人で商品開発しているとは思えないし、日本語を理解できない社員がいるとも思えない!!!要はお客様の立場に立ち、「より多くの保険金(正しい)を受け取って頂く」という仕事(姿勢)を忘れているだけである。なるべく支払い保険金を抑えることから入る仕事をよしとするものなど、保険料をお客様に頂く仕事ではなく、補助金を出す団体のしごとですよね。

 でもこの記事の「顧客ともめやすい」ってふざけた表現に思えるのは私だけでしょうか???
Date: 2007/01/16(火)


飲酒運転による死亡事故
昨年1年間の飲酒運転による交通死亡事故は、相次ぐ飲酒事故で取り締まりが強化された終盤に激減し、前年より13.6%、96件少ない611件だったことが12日、警察庁のまとめで分かった。統計が残っている1990年以降で最少となった(日経H19年1月12日)。
 喜ばしいことです。が、まだまだあるんですね。また死亡事故に至らないまでも、物損事故・単独事故は多々あります。みんなの意識をさらに期待し撲滅していきましょう!!!

 話は変わりますが{生命保険の主役交代・医療保険契約、「定期付き終身」抜く}(日経H19年1月15日)との記事もありました。保険会社の破綻につきましては、現時点においては落ち着いておりますが、確かに長期的な保障よりも現実的に向き合う医療保険のほうが必要な時代なのかも知れません。
 団塊の世代が支えてきた定期付き終身保険ではありますが、加入当初のプランで見た予定利率とはかけ離れていたため、解約して現金化しようとすると、頭に描いた額とは・・・・・ってことがあるかも知れません。週間ポストには「半分以下に」というような記事もありました。しっかりと考え、自分の財産ですから今一度見直してみる勇気は必要かも知れません!!!
Date: 2007/01/15(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
07391
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71