学歴詐称?????
「大阪市が進めている職員の学歴詐称調査で、市は20日、中間まとめを明らかにした。これまでの調査で詐称を申告した市職員は本庁職員で700人以上だったが、区役所職員を含め申告者は計1141人になった。多くは大学卒を高校卒と偽って高卒資格の採用試験を受けていた。詐称の理由は「安定した職業につきたかった」などが多く、市職員の高待遇がこうした事態を招いたとみられる。市は詐称を自己申告した場合は停職1カ月の懲戒処分と決めている。行政機関で一度に1000人規模の停職処分が出るのは極めて異例。
 調査対象は約4万5000人のすべての市職員。申告が多かったのは環境局193人▽建設局155人▽教育委員会148人▽交通局120人など。西成区で21人、東淀川区で18人など、市内24区の全区役所でも詐称の申告があり、区役所合計で199人にのぼった。
 詐称の内容の多くは、大卒なのに高卒限定の採用試験を受けたケースだったが、卒業した専門学校が短大卒の資格を得られる学校だったため、「短大卒を除く」という採用基準に抵触した事例もあった。詐称の理由は「公務員として安定した生活をしたかった」「(バス運転手や地下鉄運転手などの)専門職種に何としてもつきたかった」などといった理由があったという。
 学歴詐称問題をめぐっては、神戸市や尼崎市で学歴を低く偽った職員が諭旨免職処分となったため大阪市でも調査。同市は調査期間中に名乗り出ず、後で発覚した場合は懲戒免職にする。
 1000人を超える停職処分は市の業務に影響を及ぼす可能性があり、同時に全員を停職させるのではなく、該当者の停職時期をずらすなどの対応が検討されている。」


 なんだかな〜〜〜!!!ってかんじです。採用条件に中学・高校卒業限定なんて条件付けるのは???学歴問わずってのが正しい募集ですよね。学びたい志を持って(違う方もいらっしゃいますが)大学・短大等へ進学した人たちの「職業選択の自由(広義の)」はどこに行ってしまったのでしょう!!!

 事務所費云々・アルツハイマーでもわかる云々・・いろんなものが意味なく一人歩きしていて、日本は明らかに間違った方向に向かっていると思われます。「点をいかに取るか?」という術を覚えただけの人たちが政治をなさるから、シュミレーションをしてくれる塾の先生が居なくなったらどうしていいかわからない。「考える力」を培う教育はもう必要ないのでしょうか???あと15年!!!日本はある意味沈没するような気がする!!!救世主は現れるのでしょうか!!!


Date: 2007/08/01(水)


学歴詐称?????
「大阪市が進めている職員の学歴詐称調査で、市は20日、中間まとめを明らかにした。これまでの調査で詐称を申告した市職員は本庁職員で700人以上だったが、区役所職員を含め申告者は計1141人になった。多くは大学卒を高校卒と偽って高卒資格の採用試験を受けていた。詐称の理由は「安定した職業につきたかった」などが多く、市職員の高待遇がこうした事態を招いたとみられる。市は詐称を自己申告した場合は停職1カ月の懲戒処分と決めている。行政機関で一度に1000人規模の停職処分が出るのは極めて異例。
 調査対象は約4万5000人のすべての市職員。申告が多かったのは環境局193人▽建設局155人▽教育委員会148人▽交通局120人など。西成区で21人、東淀川区で18人など、市内24区の全区役所でも詐称の申告があり、区役所合計で199人にのぼった。
 詐称の内容の多くは、大卒なのに高卒限定の採用試験を受けたケースだったが、卒業した専門学校が短大卒の資格を得られる学校だったため、「短大卒を除く」という採用基準に抵触した事例もあった。詐称の理由は「公務員として安定した生活をしたかった」「(バス運転手や地下鉄運転手などの)専門職種に何としてもつきたかった」などといった理由があったという。
 学歴詐称問題をめぐっては、神戸市や尼崎市で学歴を低く偽った職員が諭旨免職処分となったため大阪市でも調査。同市は調査期間中に名乗り出ず、後で発覚した場合は懲戒免職にする。
 1000人を超える停職処分は市の業務に影響を及ぼす可能性があり、同時に全員を停職させるのではなく、該当者の停職時期をずらすなどの対応が検討されている。」
Date: 2007/08/01(水)


2007/02/10(土)
三井住友海上グループによる
ジャワ島中部の地震災害に対する支援活動について


 三井住友海上火災保険株式会社(社長:江頭 敏明)及びインドネシアの現地法人である三井住友海上インドネシア社(社長:前川 正)は、2006年5月に発生したジャワ島中部地震の復興支援のため、昨年6月に実施した靴の贈呈(震源地に近いジョグジャカルタ特別州パリヤン周辺の小学校10校対象)に続き、2007年1月30日に、パリヤン周辺の小学校27校の児童に教科書7600冊を寄付いたしました。
  当日は、支援対象になっているパリヤン第1小学校において教科書の贈呈式を行い、三井住友海上グループの社員から寄せられた地震被害に対する励ましのメッセージと共に子どもたちに手渡しました。

1.寄付先について

三井住友海上グループは、2005年よりCSR活動の一環としてインドネシア共和国林業省と共同でジャワ島中部地震の震源地に近い、ジャワ島ジョグジャカルタ特別州パリヤン野生動物保護林(約300ヘクタール)の修復と再生を目的に「熱帯林再生プロジェクト」を進めています。
森林を再生する取組には近隣住民の方の理解・協力が必要であることから、パリヤン野生動物保護林周辺地区の教育環境の向上を目的として、同プロジェクトのスタート当初から近隣の小学校向けに教材、文具、スポーツ用具等の支援を行っています。

2006年5月に発生したジャワ島中部地震の発生後もすぐに、三井住友海上グループ内の社員から義援金を募るとともに会社からの拠出分と合わせて、ジョグジャカルタ州等への寄付を実施し、パリヤン野生動物保護林周辺の子どもたちには瓦礫で怪我をせず通学できるよう靴を贈りましたが、今回は、授業に必要な教材が行き渡るように、子どもたちには教科書を、また、授業の準備等の効率化のため学校にはパソコンを寄付いたしました。

2.「熱帯林再生プロジェクト」について (1)プロジェクトの目的 : [1]劣化した野性動物保護林の修復と再生
[2]ジャワ島の在来樹種による熱帯林の造成
[3]果樹供給等による長期にわたる地域経済への貢献
(2)期間 : 2005年4月〜2011年3月(6年間)
(3)植樹の種類、本数 : ジャワ島内の在来樹種、マホガニー等の有用樹、
マンゴー、カシューナッツ等の果樹等を約26万本
(4)現状 : [1]2005年度は約10万本(100ha)の植樹を完了
[2]2006年度は約10万本(100ha)の植樹を実施中 (三井住友海上)

代理店としてはいいことはもっと表に出していただきたいんですが、皆様になかなか見ていただけない記事ですね。



富士火災!!
富士火災海上保険は17日、損害サービス車を導入すると発表した。無線通信機能を備えたパソコンなどを搭載した車で社員が被災した顧客のもとに急行し、その場で損害調査や保険金支払いに必要な手続きを済ませる。まず4台を導入し、今夏をメドに地域ごとに全国11カ所に1台ずつ配備する。

 現場で保険金支払いに必要な手続きが完結するため、事故受け付けから保険金支払いまでの時間を大幅に短縮できる。富士火災の場合、昨年の台風13号で事故受け付けから火災保険の保険金支払いまでに平均で1カ月近くかかったが、3日でできるという。(NIKKEI NET)

拍手を送りたい。実際は修理業者も関係するので支払いまでの所要時間等疑問もありますが顧客の為の導入なので素直に「いい」と認めたい。 
 
{ 実際問題として昨年7月の集中豪雨の際、各社損害調査のためすばやく現地入りし、調査を開始したが、リサーチ会社に依存することが多く、その対応に非常に苛立ちをおぼえたものです。まだ引かぬ水を処理している契約者に「この水位では支払えない」「保険金が適正な価額ではない」など、T・P・Oまるで考えない発言がおおく見られた。「保険金不払い問題」の最中でもあり「ばか者」といわざるを得ない対応だった。しかも保険金額を間違えて支払うなど許されるものではない。 }

 しかし、小切手で保険金をその場で払ってくれた外資系損保会社も、今はそれが無くなっているように、富士火災のサービスもこれからどうなっていくのかは分かりませんし、{}内のようなことが無くなるとも思えませんが、各社現場で顧客と接して顧客の為にという意識をもっと持っていただくために、この企画はもっとクローズアップされなければいけない!!!富士火災さんに改めて拍手を送りたい!!!
Date: 2007/01/19(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
07734
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71